ポラン広場東京のお店&提携販売店


前へ 次へ 一覧に戻る
T: 片山本店 [神奈川 川崎]
提携小売店
日本の食卓に、生命を育む本物の発酵・醸造の文化を取り戻すことが片山の願いです
  
当社は、「生命おどる発酵と醸造」を基本テーマとし、原材料の生産からこだわりを持って醸し出した、自然酒、本格焼酎、伝統本格味醂、自然料理酒、ナチュラル・オーガニックワイン、ナチュラル・オーガニックビールなど酒類の他、伝統的な醸造方法から生まれた醤油、味噌、食酢、オーガニックフーズの販売など醸造食品の商品企画と卸販売および通信販売をおこなっています。

かつて日本の食卓には、発酵・醸造の力を利用して造ったお酒や食品が必ずありました。日本酒・焼酎・みそ・しょうゆ・漬物・納豆・米酢・みりん・かつお節……。
こうしたお酒や食品は、日本の風土にも、私たちの身体にも合ったものだったのです。けれどもいつの頃からか、影が薄くなって見かけなくなったり、名前が受け継がれていてもかつてのような手をかけた作り方はしなくなったお酒や調味料と食品が増えました。
当社の願いは、そんな日本の食卓に、生命を育む本物の発酵・醸造の文化を取り戻すことです。



昭和25年創業、本年で56年目となる当社は、新たな商品開発と流通に取り組んでいます。「料理酒蔵の素」と「ビンテージ・ナチュラルワイン」の会をはじめとしたお酒の会を積極的に進めた結果、保存料であるソルビン酸や酸化防止剤(SO2)を使用しないで、しっかりした管理下で長期熟成したワインも社会に快く受け入れていただいていることや、個性豊かな日本酒が若い人たち或るいは女性達にも高く評価されることが分かりました。
これまで過去四半世紀に亘り、農業の在り方から考え醸造される自然酒、熟成本格焼酎、ナチュラルワインなどを専門に手掛けてきたことは、酒類業界の先駆けとしての事業であると共に、二十一世紀に向けた醸造業界に対する、「人間が生きていく環境を考える」提案でもありました。その一歩一歩の営みが、近年ようやく社会認知され、一人歩きができるまでに育ってくれました。誠に喜ばしい限りです。当社では今後もこの確かなステージに立ち、「生命おどる発酵と醸造」の基本テーマを大切にしながら歩み進んでいこうと思います。


本年は昨年十月よりスタートしました「座・和蔵」(酒蔵丸ごと出展)の充実を図り、清酒業界の活性化の一助になれるよう、また離島の農業を大切にした酒造りと流通に取り組んでいきたく準備をしています。さらには、当社ならではの通信販売事業の強化を図るべく、当社の地下倉庫や大型の冷蔵施設に眠る「ビンテージものの清酒、ナチュラルワイン、その他」を一つひとつ丁寧に公開し、限定出荷を試みていきたいと考えています。自然酒やナチュラルワインという新たな酒のカテゴリを作り上げて参りました誠に小さな家業的企業ではありますが、どうか末永くお付き合い頂きますよう宜しくお願い申し上げます。



〈代表者片山雄介の略歴〉
昭和31年11月 川崎市に生まれる。
昭和58年4月 家業の片山商店に従事
平成2年3月 「日本の伝統的な農と醸造文化の継承をめざし、21世紀の生き方・暮らし方を探るネットワーク『和蔵会』を設立。(平成12年3月解散)
平成2年4月 (株)片山 専務取締役就任
平成14年10月 (株)片山 代表取締役就任

※著書に「人在りて我有り」(無尽蔵)、「家業(エコロジー)スタイルの時代」(共著・ほたる出版)、「日本酒のすすめ」(共著・新井出版社)、「からだに良い酒・うまい酒」(監修・ほたる出版)


┌──────────────────────────
│イベント情報
└──────────────────────────

座・和蔵
「一期一会の地酒会」

平成17年10月〜毎月第二土曜日開催
(株)片山集会室にて





index
住 所川崎市幸区古市場 1-34
TEL044-522-6233
FAX044-544-2445
営業時間09:00-18:00
定休日日曜定休
URL
前へ 次へ 一覧に戻る
←ひとつ前のページへ